矢巾中学3年生の皆さんと120本の椿を植樹し、また一段と華やかになりました。

4月15日に矢巾町立矢巾中学の3年生(120名)と震災学習の一環として、椿120本の植樹を行いました。これで植樹した椿の本数は1276本となりました。

震災後に高速道路が整備されたため、盛岡市を中心とする内陸部の方々も沿岸部に足を運んでくださる機会が多くなったように感じます。植樹を通して、自分の植えた椿を気にかけ沿岸部に訪れる機会が増えてもらえれば嬉しい限りです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK